Nativescriptでlocal storage的な機能を使う

「Nativescriptでlocal storage的な機能を使う」のアイキャッチ画像

最近よくNativescriptを使うのですが、ブラウザで使用するlocal storage的なものはないかと探してみたら
application settingsというものがありました

こちらを使用すると

// まずはインポート
import {
    getBoolean,
    setBoolean,
    getNumber,
    setNumber,
    getString,
    setString,
    hasKey,
    remove,
    clear
} from "application-settings";

// access_tokenをlocalstorageではなく、application settingsに入れておく場合
localStorage.setItem(‘access_token’, response[‘access_token’]);
setString(“access_token”, response[‘access_token’]);

// access_tokenを削除する場合
localStorage.removeItem(‘access_token’); 
remove(‘access_token’);

こんな感じでとても簡単に入れることができます
ちなみにnativescript-couchbaseなどもありますが、SQL的な側面が強いので
簡単に使う場合はapplication settingsが一番楽で軽いと思われます

参考にした記事

Application settings
nativescript-couchbase