diff: /../Podfile.lock: No such file or directory 等の解決方法

「diff: /../Podfile.lock: No such file or directory 等の解決方法」のアイキャッチ画像

iOSアプリを走らせようとしたところ以下のエラーが発生

Diff: /Podfile.lock: No such file or directory
Diff: /Manifest.lock: No such file or directory
The sandbox is not in sync with the Podfile.lock. Run 'pod install' or update your CocoaPods installation.

 

以下のコードを走らせると解消される記事を発見したので実行

$ pod install
[!] The `アプリ名` target overrides the `OTHER_CFLAGS` build setting defined in `Pods/Target Support Files/アプリ情報.release.xcconfig'. This can lead to problems with the CocoaPods installation

 

またある記事を調べたところ、上記エラーにある`OTHER_CFLAGS`に
$(inherited)を入れると動くらしいとのことだったので入力

※ちなみに”OTHER_CFLAGS”の部分が人それぞれ異なるかもしれません。なので該当するところを探して”$(inherited)”を入れましょう

$ pod install
Analyzing dependencies
Downloading dependencies
Using AppAuth (0.95.1)
Using GTMAppAuth (0.7.1)
Using GTMSessionFetcher (1.2.2)
Using GoogleAPIClientForREST (1.3.9)
Using OMGHTTPURLRQ (3.2.4)
Using ZXingObjC (3.6.5)
Generating Pods project
Integrating client project
Sending stats
Pod installation complete! There are 4 dependencies from the Podfile and 6 total pods installed.

 

とりあえずエラーは回避できた模様

 

しかしiosをrunさせると一番最初のエラーが発生

 

なので以下を実行

$ rm -rf hogefuga.xcworkspace/
$ rm Podfile.lock
$ rm -rf Pods/

$ pod install

 

その後Project>Info>Configurations に進み

 

 

debugreleaseのところを入力

 

設定が終わった後に実行した結果、動きました!

おそらくですが、debugreleaseを入れたからではないかなと思ってます。

Ios開発はほとんどやったことがないので問題点は完全に咀嚼できていませんが、とりあえず治りました

 

目次
  1. 参考記事

参考記事

CocoaPodsがなんか上手く行かなかったらやること3つ